バストの悩み解消、もう悩まないバストアップ法!のTOPに戻る


バストアップ手術 手術後の体のケア

バストアップの手段として、豊胸手術をすることは、体に異物を入れるわけですから、負担をかけないで手術することは出来ません。人間の体は異物が入ってきたことを感知すると、拒絶反応を起こします。

例えば、体内に赤ちゃんが宿った際も、つわりという形で体が反応します。異物を拒絶するという反応は、人間の体にもともと備わっている自然の力なのです。

バストアップの手術後、その部分が腫れたり、むくんだりすることがあります。これは炎症を起こしているということです。ですが、炎症は1ヶ月も過ぎればおさまってくるようです。

わきを切り開いてバッグを入れた手術の場合は、その部分につっぱった感じがしばらく続きます。バッグを胸に入れる手術である、大胸筋下法は、その後、かなりの痛みがあると言われています。

脇、胸が痛み、腕を動かすと痛かったり、横になると痛かったり、寝起きの際に痛かったり、と薬も手放せないようです。バストが炎症を起こし、腫れた場合は、自然とおさまりますので、1ヶ月くらい耐えれば大丈夫でしょう。

脂肪注入法の場合は、それよりも早くて2週間で炎症も治まります。美容整形はもっと簡単でその後の痛みもないと思っている方が多いようです。美容整形と言っても、体を切ったり、開いたり、入れたりと、負担を大きくかけるのですから、その辺をきちんと理解しておかなければなりません。

手術したらしばらく仕事も出来ないでしょうから、その後のしばらくの計画も前もって立てておかなければなりませんよね。
関連コンテンツ

バストアップ手術 アフターケアの充実した病院の選択

人生の一大決心で、バストアップの手術を受けたにもかかわらず、その結果が悪いケースもあります。希望していた乳房と違って形が悪かったり、触った感じが自然ではなかったり、切開した場所の傷が思ったより残ってい・・・

バストアップ手術 手術後のトラブル

また、豊胸手術後に胸や、乳首、しびれを感じることがあるようです。整形外科の手術は、神経に触れないよう、手術をしています。ですから、しびれが発生してしまった場合は、取れるまで、数ヶ月、長くて1年くらいは・・・