デトックスで体の中から健康になる!のTOPに戻る


断食とデトックス効果について

デトックスの方法には、はるか昔から確立されているものもあります。その一番の例が、断食です。断食は、古くから身体を清める為の、一種の儀式のような感覚で行なわれてきました。

宗教的な様相の中で行われる事も少なくありません。この断食には、先進的観念からの洗浄もあるのでしょうが、肉体的にも大きな洗浄効果があります。断食する事で、体内の消化器官を休める事ができるのです。

消化器官は、毎日の食事を毎日消化し続けるので、嫌でも疲労します。その消化器官が疲労によって働きが弱くなると、デトックス効果も半減します。よって、消化器官の休息というのは、デトックスにも有効なのです。

また、断食によって摂取カロリーがほぼ皆無になる事も、デトックスに繋がります。
カロリーの摂取がなくなりと、人間の身体は体内の蓄積エネルギーを消費して、活動の力とします。

ですので、体内の脂肪を燃焼させようという動きが活発になるのです。
その結果、毒素も同時に燃焼されていきます。

昔の人は、恐らくこういった効果があるということを科学的根拠のないまま悟っていたのでしょう。ですから、断食は身体に良いという、一見迷信とも思えるような思想をしっかり持ち続けていたのだと思います。

人間の身体は、時に理屈を越えます。断食による体調の回復も、当初はそう思われていたのかもしれません。しかし、実際には極めて論理的な方法だったのです。
昔の人は、それを直感で理解していたのでしょうね。