外反母趾ケア・外反母趾予防ガイドのTOPに戻る


外反母趾の痛みと解消法

外反母趾とは言うものの足の親指が体の中心から見て外側、つまり小指側に曲がってしまっている状態の事を指しています。
このように体を中心として見た時親指が外側に反っているために外反母趾と言うように言われている様です。

一般的に外反母趾はハイヒールやパンプスなど足先が狭く、ぴったりした靴を履く事によって起こると言われています。

外反母趾になると足の親指付け根部分が立っているときでも歩いている時でも痛くなると言われていてこの痛くなる原因に第一中足骨と付け根部分の稼働範囲があると言われています。

歩く時や立っている時、私達の足は親指の付け根、小指の付け根、踵と言った3点で体重を支えています。特に歩く時に一番親指の付け根に体重がかかります。

また親指が出っ張って来ると親指の付け根の外側が靴に当たるようになるとそれだけで痛いですし、外反の角度が大きくなればなるほど赤くなったり腫れたり、二次的症状としてタコやマメが変な所に出来てしまい余計痛い思いをする事になります。

外反母趾を治そうとする場合、骨自体が変形してしまっている物は治す事が出来ませんが、大抵は第一中足骨と関節が変形したと言う物ですので、靭帯と筋肉が硬くなったり弱くなったりした物が原因ですので、そこを柔らかくして強くしてあげれば治す事が可能になってきます。
大体はテーピングなどをして1年位は期間を見ていただいた方がいいと思います。そうする事で外反母趾による痛みは軽減してくると思います。
関連コンテンツ

外反母趾は自分で治せる

外反母趾って本当に辛いですよね?靴を履けば激痛が走り、そうなると歩きたくないので出掛けたくなくなったり、どうすれば解消されるのかと思い悩む様になったりしてくると思います。 もう限界だと感じて病・・・

外反母趾の痛みの原因

足の裏が痛くなる症状としては外反母趾、指上げ足、扁平足など色々あります。そういうように足の裏が歪んでしまう原因としては以下のような原因があると言われています。 【退化】 足底反射と言う本能が人・・・

外反母趾の原因

外反母趾の原因となる一因に足先が細い靴を履くと言う事が挙げられます。これは一般的にはハイヒールが原因になるのではないかと言われています。でも、外反母趾を予防する為に自分で出来る事と言うのは、ハイヒール・・・