外反母趾ケア・外反母趾予防ガイドのTOPに戻る


外反母趾におすすめの運動療法

外反母趾を治療する為の方法として運動療法と筋肉を運動させると言う方法があります。

運動療法には自動運動と言って関節を適切な筋肉を使って動かす方法(つまり自分の意思で筋肉を動かす方法)と、他動運動と言う直接関節に関係が無い筋肉や、器具を使ったり、他人の力を借りたりして関節を動かす方法があります。
どちらの運動方法を取ったとしても関節を動かす事には変わりは無いのですが、他動運動では筋肉が付くことが無い為に強化される事は無くなります。

運動療法の効果に対する期待度は親指の付け根が外側に曲がってしまわない様にする為の予防や対策、それと母趾外転筋と言う足指の筋肉の強化が期待されます。

外反母趾初期の頃に効果がある治療方法としては、自分の手を使って外側に向いてしまっている親指を内側に向けると言う事です。外反母趾が酷くなってしまうと指が小指側に向いてしまうのはもちろんですが、爪も変な風に捻れてしまう様になります。その状況を内側に向ける事で改善する事が出来ると思いますので是非やってみましょう。

曲げ方ですが、これにもコツがあり、最初の内は軽く準備運動程度に慣らすようにしてみて下さい。慣れたら少しは力を入れる様にして元の内側の位置に戻す様にして力を入れ暫くその状態でおき、元に戻します。これを何回か繰り返す事で改善してくる筈です。

またリズミカルに足指の運動をさせて行うのもコツの1つなので、きちんとやってみましょう。


関連コンテンツ

外反母趾対策に効果的なグーパー運動とは

外反母趾を少しでも治していく為にグーパー運動という足指の運動が効果的だと言われていますが、最初は皆すぐに出来る訳ではなさそうです。足の指をグーの状態にする時ですが、ただ指を曲げるだけではお遊戯している・・・

外反母趾を治すポイント

外反母趾には足の痛みと関節の変形がありますが、これを治す為にはなんと言っても中足関節を固定すると言う事が基本的に挙げられます。 よく医療機関や市販などである外反母趾用のサポーターに関しては昼間の・・・

外反母趾治療にホーマン体操

外反母趾はとても辛い症状です。その外反母趾の治療法として有名な体操に「ホーマン体操」と言う体操があります。 やり方ですが、最初に準備するものとして幅があるゴムバンドを用意しましょう。無ければ普通・・・