外反母趾ケア・外反母趾予防ガイドのTOPに戻る


外反母趾治療にホーマン体操

外反母趾はとても辛い症状です。その外反母趾の治療法として有名な体操に「ホーマン体操」と言う体操があります。

やり方ですが、最初に準備するものとして幅があるゴムバンドを用意しましょう。無ければ普通の紐でも構いません。長さは手から足までの倍の長さの物を用意しましょう(縄跳びの長さがあればいいかなと思います。)。

下準備としてゴムバンドに輪を作ります。この輪は大きすぎると足の親指を入れた時に外れてしまうし、小さ過ぎると親指が入らないので自分の親指に合わせた大きさの輪を作りましょう。

これが出来たら下準備は完了です。

次に「ホーマン体操」の仕方ですが、足を伸ばして座りましょう。足裏の内側を両足でくっつけましょう。その状態において下準備で用意したゴムバンドを足の親指に引っ掛けましょう。踵はそのまま両足をくっつけた状態で、足先を両方外側に回します。外側に足が行った時、親指がゴムバンドの反発で内側に引き寄せられた状態になるので親指の外反に効果が期待出来ます。その状態を5秒から10秒位停止させ、足が矯正出来たら緩めて元に戻します。

これを30回1セットで、1日3セットは行う様にしましょう。

そして毎日続ける事が外反母趾を少しずつ改善させて行くのです。外反母趾はただ歩いているだけでも進行していく怖い症状です。病院で治してもらうのも良いですが、自分でも治す手助け位はする様にすると治るのも早くなると思います。
その為には根気強く継続していきましょう。その為に効果的なのが「ホーマン体操」です。


関連コンテンツ

外反母趾対策に効果的なグーパー運動とは

外反母趾を少しでも治していく為にグーパー運動という足指の運動が効果的だと言われていますが、最初は皆すぐに出来る訳ではなさそうです。足の指をグーの状態にする時ですが、ただ指を曲げるだけではお遊戯している・・・

外反母趾を治すポイント

外反母趾には足の痛みと関節の変形がありますが、これを治す為にはなんと言っても中足関節を固定すると言う事が基本的に挙げられます。 よく医療機関や市販などである外反母趾用のサポーターに関しては昼間の・・・

外反母趾におすすめの運動療法

外反母趾を治療する為の方法として運動療法と筋肉を運動させると言う方法があります。 運動療法には自動運動と言って関節を適切な筋肉を使って動かす方法(つまり自分の意思で筋肉を動かす方法)と、他動運動・・・