ほくろ 気になる「ホクロ」の位置と除去法のTOPに戻る


ほくろの印象と除去について

できる場所によって色々な印象を与えるほくろ。ほくろは黒っぽい色をしているので、色白に見せる効果がある反面、できる場所によってはその人の精神面まで影響を及ぼすものです。

今は簡単に除去できるようになりましたが、一昔前まではほくろの除去も美容整形の感覚でしたので、除去したくても実行に移せなかった人はたくさんいたのではないでしょうか。

ほくろがチャームポイントになる場合は良い方向で活かせているようですが、それが原因でたとえばいじめなどにあってしまうようであれば、ないほうが幸せな場合もあります。

自分とよく相談をした上で、またお医者様との相談もしっかりとした上での除去をお勧めします。

小さいころは気にしていたほくろがあっても大人になるにつれ、女性はとくにお化粧をしますので、お化粧で隠れてしまう分には日ごろ気にすることは少ないと思います。
今はカバー力のあるお化粧品がたくさん出ていますので、そういったもので隠すことは簡単にできますよね。

大きく盛り上がったほくろについてはどうしても物理的にお化粧で隠すということは難しいと思うのですが、人相学や占い的にとらないほうが良いとされているほくろは実際にあるようですので、無理にとらずにある程度隠すというだけでも印象は全然違ってくると思います。

ほくろをとって後悔するよりもとらずに後悔しているほうがまだ良い場合もありますので、簡単に除去することを考えないで皮膚を大切にすることも頭に入れながら考えると良いでしょう。
関連コンテンツ

ほくろの種類

人の皮膚に存在するほくろですが、それは人によって位置も色の濃さも大きさも違いますよね。ほくろの種類はどんなものがあるかご存知でしょうか。 ホクロには単純黒子(たんじゅんこくし)と色素性母斑という・・・

ほくろができやすい場所は

みなさんが一番気にしているほくろはどこでしょうか。 顔でしょうか。 女性は特に顔のほくろは気にするものですよね。 顔のどこにほくろがあるかにもよりますが、目の近くにあるほくろは「泣きぼくろ」とい・・・

ほくろに潜む原因

あまり良い印象がないほくろですが、できる場所によってはその人の精神面まで影響を及ぼすことがあります。 見た目というのは大きな影響を受けるのでしょうね。 人はどうしても外見を気にしますから、気になる・・・

メラノーマの除去

ほくろと間違えやすいメラノーマ。 メラノーマなのか、ほくろなのか判断は素人ではとても難しいといわれています。 メラノーマとは最初のほうで少し触れましたが、皮膚がんです。 最初の段階では限りなくほ・・・

ほくろはよく考えて除去しよう

ほくろの種類は2種類あるといいましたが、色素性母斑というほくろはどういったものなのでしょうか。 色素性母斑という種類は聞いたことはありますか?あまり耳にしないかもしれませんね。 だいたい私たちの皮・・・

小さい頃からあるほくろが突然大きくなった?

いつのまにか気がついたらほくろができていた、なんてことはありませんか。ほくろは小さくても大きくても皮膚にできれば気がつくことが多いです。色が黒い、または茶色いものが皮膚にできるとそれだけ目立つというこ・・・