ほくろ 気になる「ホクロ」の位置と除去法のTOPに戻る


舌にほくろができる?

ほくろができる場所は人によってさまざまです。場所によっては除去したほうが良いということもありますが、除去しなくても済む場合もあります。

先ほど足の裏にできるほくろや手のひらにできるほくろは刺激が多いので除去したほうがいい場合もあることは言いましたが、ほかに危険な場所として想像できる場所は「舌」です。

舌にほくろなんてできるの?とびっくりされる人もいるかもしれませんね。実際に舌にほくろができるということはあるそうです。

では、皆さんがご想像のとおり、舌も刺激が多い場所なので、早めの受診と除去が必要なのではないか?と疑問を抱えている人が多いことでしょう。

ですが、ほくろといっても完全なほくろとはまた違う場合が多く、なんらかの形で色素沈着を起こし、ほくろのようなものができるということのほうが多く、盛り上がったはっきりとしたほくろができるということは、実際はほとんどないのだそうです。

ほくろに見えるといったほうが良いのかもしれませんね。ただし、舌は「舌癌」という病気があるように、なにか舌に異常を感じたら、すぐに受診をして判断してもらったほうが良いのは言うまでもありません。

口の中というのは気をつけて清潔に保っているつもりでも、実際はばい菌が多く、清潔にしても完全に清潔ということはほぼ不可能な場所です。そして刺激が多い場所ですので、異常があった場合は早めの受診というのが一番です。

口の中だけではありませんが、特に口の中は注意が必要と言うことですね。
関連コンテンツ

足の裏のほくろ

除去したほうが良いとよく言われているほくろは足の裏にできるほくろです。なぜ足の裏にあるほくろは除去したほうが良いと言われているのでしょうか。 さきほどほくろは刺激を与えすぎてはいけないと言いまし・・・

手のひらのほくろ

ほくろができる場所によっては良い悪いという運勢を占うような言い伝えがありますよね。たとえば先ほどの泣きぼくろについては人相としては良くないというものでした。 逆に良いとされているほくろは口の上に・・・