ほくろ 気になる「ホクロ」の位置と除去法のTOPに戻る


ほくろの凍結療法

凍結療法というほくろ除去方法があります。今はこの方法を取り扱っているところが多いのかどうかはわかりませんが、形成外科などで取り扱っていた方法でこの凍結療法というものがあります。

凍結療法とはマイナス196度の液体窒素をほくろにつけて凍らせてから除去するといった方法です。なんだか単純な方法のように聞こえるかもしれませんがこれは立派な医療方法のひとつです。

凍らせてから除去するとなると痛くないのか?と疑問に思うかもしれませんが、実際は焼いたような痛みが少しあるようです。

ただ、そんなに痛みは感じないそうですので、あまり怖がることはないでしょう。
しかもこの方法もほかの方法と同様にすぐに除去できてしまうので、時間としてはあっという間に終わってしまうようです。少しだけ痛いのは一瞬ということですね。

小さくて表面でできたものについてはすぐに取れてしまうようですが、ある程度しっかりしたほくろですと、その場ですぐに取れるのではなく、ある程度の時間がたってからポロリと取れることもあるそうです。

ほくろの種類によっても取れ方が違うのでしょう。ただし、デメリットとして、再度同じ場所にほくろができてしまうということがあるようです。やはりこれは根から取り除いているわけではないので再度同じ場所にできてしまうのでしょう。

その後のことが心配であれば、この方法よりもくりぬき方などで除去したほうが場合によっては良いのかもしれません。
関連コンテンツ

ほくろ除去の病院選び

ほくろを除去するにあたっては、いくつかの病院を比較検討したほうが良いです。なぜならば費用が病院によって全然違うということ。そして同じレーザー除去でも保険適用になる病院とならない病院があるということ。ほ・・・