ほくろ 気になる「ホクロ」の位置と除去法のTOPに戻る


ほくろ除去の病院選び

ほくろを除去するにあたっては、いくつかの病院を比較検討したほうが良いです。なぜならば費用が病院によって全然違うということ。そして同じレーザー除去でも保険適用になる病院とならない病院があるということ。ほかにはお医者様の技術などに差があるからです。

レーザー除去については、形成外科や場合によっては皮膚科などで除去すると保険適用になることが多いそうですが、美容外科に行くと保険適用にはまずならないと思ったほうがいいでしょう。

美容外科での手術は保険適用にならない項目がほとんどです。

また、病院によっては「1ミリいくら」と設定されているところも多いですので、自分のほくろが何センチ、または何ミリあるのか計ってみてから予算設定を行う必要があります。

また、除去費用のほかにはアフター費用として、その後の経過を見るための通院費も見ておかなければなりません。やはり皮膚に負担をかけるわけですから、除去してすぐに終わりということにはならないのでしょう。

その後も何度か通院して経過を専門の方に見せるのが一般的のようです。除去したあとに気をつけなければならないのが、日焼けです。特に夏場に除去した場合は日焼けをしてしまうと除去した部分は非常にデリケートな状態になっているのです。

ですので、しっかりと日焼け止めクリームを塗って保護する必要があります。病院によっては術後に日焼け止めクリームを出してくれるところもあるようです。その後の皮膚が汚い跡になってしまわないように気をつけましょう。
関連コンテンツ

ほくろの凍結療法

凍結療法というほくろ除去方法があります。今はこの方法を取り扱っているところが多いのかどうかはわかりませんが、形成外科などで取り扱っていた方法でこの凍結療法というものがあります。 凍結療法とはマイ・・・