いびきの悩み!もう悩まない「いびき治療法」のTOPに戻る


いびきと睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきは上気道が狭くなることで起こるので、呼吸や血液の循環に影響を与えます。
その中で最も怖いのが、いびきをかいている人の中には睡眠中に呼吸が止まってしまう人が多くいることです。

これが睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている時に10秒以上の無呼吸状態が1時間に5回以上、1晩(=7時間)で30回以上続く状態を指します。目が覚めている時には、無呼吸は起こりません。

無呼吸となると息が苦しくなります。息が苦しくなると脳の命令で体全体が息をしようと反応します。なんとか無呼吸状態を脱して息をする時に、うるさいいびきとなって響き渡るのです。

睡眠時に無呼吸状態が何度も続くので、酸欠状態となり血圧が上昇します。睡眠時に何度も苦しい呼吸をするので、当然深い睡眠を取ることができません。このような睡眠中の状態が、日中起きている時に影響を及ぼします。

しっかり睡眠がとれていないので、睡眠時間が長くても疲労感が抜けません。集中力を欠いて日常生活や仕事にも差し支えます。また、日中強い眠気が襲ってきて、会議中や車の運転中に眠ってしまうことがあります。

血液に酸素が充分に行き渡らないので、心筋梗塞などを起こすこともあります。このように、睡眠時無呼吸症候群は自分自身や周りの人の生命にも危険が及ぶ可能性があるのです。

睡眠中に頻繁に呼吸が止まってしまう人は、ただちに病院に行って適切な治療を受けましょう。睡眠時無呼吸症候群の治療はいびきを治すだけでなく、自分自身や家族、周りの人の生活を守るためにも必要なことなのです。
関連コンテンツ

睡眠時無呼吸症候群が原因で起こる重大事故

2003年2月、山陽新幹線「ひかり」で運転手の居眠り運転による、岡山駅での緊急停止が起こりました。居眠り運転のまま約8分間走行してATC(自動停止装置)により緊急停車し、幸い、乗客に被害はありませんで・・・

睡眠時無呼吸症候群の検査

いびきをかくだけでなく、無呼吸を伴う場合は日中眠くなって事故を起こす危険性があるなど、早急に改善が必要な状態です。眠っている時に何度も呼吸が止まってしまう人は適切な治療のため睡眠中の状態をできるだけ正・・・