新型インフルエンザ 日常生活で出来る予防対策のTOPに戻る

新型インフルエンザ

大企業において、新型インフルエンザのガイドライン作成が進みつつあるようです。 ただ、大企業においては進んでいますが、中小企業ではまだまだ進んでいないところが多いようです。 「何から手をつけていいの・・・
新型インフルエンザ対策商品というのは開発が追い付かないような状態です。 その中で最近注目を浴びているのが、「ダチョウ抗体」です。 テレビなどでもダチョウ抗体付きマスク等取り上げられたりして、注目さ・・・
鎮痛解熱剤の使用については注意する必要があります。 サリチル酸系の薬は、インフルエンザの場合、15歳以下の子供は原則飲んではいけないとなっています。 サリチル酸系とは、アスピリンやサリチルアミ・・・
新型インフルエンザに対抗する手段として、ゴーグルを着用すると良いと言われています。 新型インフルエンザウィルスは、口や鼻の他、目からも侵入します。 それを防ぐために、ゴーグルを着用します。 ・・・
新型インフルエンザが発生すると、どうなるのでしょう? 新型インフルエンザが発生した場合、日本国民の4人に1人が感染する、と言われています。 多くの人の感染により、社会生活が混乱し、麻痺するとも言わ・・・
新型インフルエンザを始め、インフルエンザとはそもそもどのような症状が現れるのでしょうか? 風邪との違いはどのようなものでしょうか? 通常の風邪は、のどや鼻に症状が現れます。 鼻水、くしゃみ、・・・
新型インフルエンザのパンデミックが起こった場合、新型インフルエンザにかかってしまった人も、そうでない人も、マスクの着用をすることがとても大切です。 不幸にして新型インフルエンザにかかってしまった・・・
WHO(世界保健機関)は、1999年「インフルエンザパンデミック計画」を策定しました。 WHOは、パンデミック警報フェーズを用いています。 警報フェーズというのは、新型インフルエンザの流行の度・・・
厚生労働省では、事業者や職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインを策定しています。 事業者または職場において、新型インフルエンザが発生した場合、やるべきこととされているのは以下のことです。 ・・・
インフルエンザウィルスが流行することが冬に多いのは、ウイルスにとって温度20度前後、湿度20%前後という環境が最適だからです。 インフルエンザウィルス以外のウィルスであっても、病原菌ウィルスは乾燥を・・・
抗インフルエンザ薬というものに、「タミフル」があります。 タミフルはA型、Bインフルエンザウイルス感染症の治療、予防薬です。 カプセルタイプとドライシロップタイプがあります。 タミフルは、スイス・・・
1918年から流行したスペイン風邪の場合、その死者に占める割合は、10代から30代の体力のある若者が多かったそうです。 毎年流行がみられるインフルエンザの場合は、高齢者や子供などの体力の無い人達によ・・・
もしも家族が新型インフルエンザにかかってしまったとしたら、あなたはどうしますか? 新型インフルエンザの感染力というのは大きなものであるので、他の家族が感染しないためにも細心の注意を払うことが必要とな・・・
近年、新型インフルエンザが世界的大流行(パンデミック)の可能性が示唆されております。 新型インフルエンザウィルスとは、鳥などの動物のウィルスが人に感染し、それらが変異して、人から人へと感染するウィル・・・
国は、「プレパンデミックワクチンは、パンデミックワクチンの供給体制が整うまでの間、国民の生命や最低限度の生活を守るために、緊急的に医療従事者及び社会機能維持者に対して接種する」としています。 その優・・・
毎年行われているインフルエンザワクチン接種というのは、新型インフルエンザに対して効果をなしません。 インフルエンザウィルスの種類が違うからです。 新型インフルエンザに対してのワクチン「プレパンデミ・・・
現在、鳥の間で流行を引き起こしているH5N1型とはどのようなものでしょう? それは、強毒性鳥インフルエンザウイルスのことで、かなりの毒性があります。 これが突然変異して人に移って「新型インフルエン・・・
抗インフルエンザ薬と呼ばれるものに「リレンザ」というものがあります。 リレンザは、ディスクヘラーという吸入器具を使用して、上気道の表面に到達させるタイプの吸入剤です。 ウイルスの表面に分布するたん・・・
新型インフルエンザが発症した場合、高齢者にとって怖いのは肺炎を併発することです。 それに対応して、「肺炎球菌ワクチン」というのがあります。 肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌によって引き起こされるさま・・・

カテゴリー「新型インフルエンザ」のトップへ↑