新型インフルエンザ 日常生活で出来る予防対策のTOPに戻る


災害時全般で必要な家庭での備蓄品

新型インフルエンザが流行した場合のみならず、地震等の災害時のためにも準備しておいたほうが良いものがあります。

それらの例を見てみましょう。

カセットコンロ、ガスボンベは、ライフラインが停止した場合に便利です。
また、電気が停止した場合に対して、懐中電灯や乾電池を用意しておきましょう。
ラジオや携帯テレビもあるとよいでしょう。正しい情報を得ることが大変重要です。
手動で充電するタイプのラジオも出ています。

同じく手動で充電する携帯電話の充電キットもあります。遠くに離れた家族の安否が一番の気がかりですよね。電話がかけられると安心です。

阪神大震災の際に持っていて便利だったとされるものに、キッチン用のラップがあります。お皿を洗うことができない状態の時、それを皿にかけて捨てればよいのです。同じ理由として、使い捨ての紙皿も用意しておくとよいでしょう。アルミホイルでも良いです。

また、シャンプーやリンス、石鹸、衣類用食器用の洗剤、歯磨き粉などの日用品も余分に用意しておきましょう。

ペットを飼っている方は、ペットフードも忘れずに用意しましょう。
女性の場合は、生理用品もあったほうがいいでしょう。多めに用意しておきましょう。
コンタクトレンズ使用者は、使い捨てのコンタクトレンズも購入しておきましょう。

忘れてはならないのは、現金です。銀行にあっても、下ろせなければ使えません。少しの買い物ではクレジットカードも使えないでしょう。

「備えあれば憂いなし」です。
新型インフルエンザの場合は、「憂いなし」とまでは言い切ってしまえないのですが、それでも備えがあると無いとでは心の持ちようも違います。

今からできるだけ準備しておきましょう。
関連コンテンツ

新型インフルエンザ対策 家庭で準備しておきたい医薬品

新型インフルエンザが発生した場合に対して、薬局等で購入できる医薬品をご家庭で準備されていたほうがよいでしょう。 まずは常備薬。普段の使いのものがよいでしょう。胃腸薬、風邪薬や持病の薬など、多めに・・・

新型インフルエンザ対策 家庭の食料品の備えは?

新型インフルエンザが発生した場合、最低でも2週間は家にこもることが良いとされています。その時のために、家庭では何を用意しておくべきでしょうか? まず、食料品の例は以下のものです。主食にでき、長期・・・