こども保険〜わかりやすい子供保険の比較と選び方〜のTOPに戻る


中学校から大学時代の必要な教育資金

中学、高校時代と言うと、子供が将来の進むべき道を見出す頃でもあります。目標を持って勉強や様々な活動に取り組むようになり、親としては全力でバックアップしてあげたい時です。

その時のため、教育費の貯蓄は必要です。子供が小さい頃から子供保険に入っていれば、着実に貯蓄はできていると思いますが、それで教育費のすべてがまかなえるわけではありません。

ここでは中学〜大学にかけて、どのような出費があるのかお話したいと思います。

●中学時代
 公立で約141万円、私立で約380万円がかかります。
 意外に大きな出費となるのが制服代や教科書代で、入学時にまとまったお金が必要となります。また部活や修学旅行の費用なども3年間通してかかってきます。
 
 高校進学のための塾通いや参考書類も小学校の頃に比べると高額になるため出費がますます増えることになります。
 携帯電話やおしゃれにも興味を持ち始める頃なので、不要なものは買わないなど、親子での話し合いが必要です。
 子供保険の他、積立定期預金も頑張って5000円ほど毎月続けられるとよいと思います。

●高校時代
 大学進学を目指している場合、3年生になると塾や受験費用などで大きな出費が続きます。
 10万円単位でお金が出て行くこともあり得ます。
 子供保険や積立預金は大学進学用に貯めているものなので、できるだけ高校時代までの教育費は家計内でまかなえるようにしましょう。

●大学時代
 国公立大学に4年間通うのにかかる費用が約250万円、私立では約437万円と言われます。これまでにコツコツ貯めてきた子供保険と積立預金がここで使えるのです。
 
 大学時代に限らず子供の教育費というのは常にかかるものですが、家計でまかなう部分と貯蓄して使う部分をわけてしっかり備えていきましょう。
関連コンテンツ

赤ちゃんから小学校時代の必要な教育資金

子供が成長していく段階にはさまざまな出費が考えられます。 幼稚園や学校に通わせる以外にもお金のかかる部分はいろいろあるのです。 ここでは子供の成長段階ごとに、どんな出費があるのか、どのようにお金を・・・