こども保険〜わかりやすい子供保険の比較と選び方〜のTOPに戻る


子育て家庭の家計見直しポイント

今は子供が生まれる前(出産予定日の140日前など)から入れる子供保険があります。お腹の子供のために、生まれる前から貯蓄を始めるなんて、計画的でよいと思います。

しかしいざ赤ちゃんが生まれてくると、それまでかからなかった育児費用が家計にプラスされてやりくりに困難を感じたり、育児にバタバタと追われたりと貯蓄どころじゃないと感じてしまう人もいるようです。

確かに育児費用は母乳かミルクか、など前もって予想できるものばかりではないので、家計のやりくりに不安を感じることもあるでしょう。

しかしよく考えると、赤ちゃん時代にかかる費用はこれから先ずっと子供を育てて行く中でかかる教育費に比べたらまだ少ない方なのです。つまり教育資金を貯め始めるなら、まさに赤ちゃん時代がチャンスだということ。

子供保険に0歳で加入する人が多いのも納得です。もし子育て真只中で貯蓄なんてとんでもない、と思っているなら、次の点について少し見直してみませんか?

●まず親のお小遣いですが、お父さんとお母さんのお小遣い分を、手取り収入の10%以内に収めておきましょう。お母さんだって毎日子育てに奮闘して、たまにはおしゃれもしてみたいし友達とランチにも行きたいでしょう。

しかし隠れお小遣いが家計に響いてしまうことも考えられますので、もし来月まで我慢できるのであれば、欲しい気持ちをぐっとこらえて子供の貯蓄に回してください。

●次に通信費。今やコミュニケーション手段としての役割を遥かに超えて日々の生活に欠かせない存在となっている携帯電話。役割が大きいため、毎月の携帯代も馬鹿にならないのでは?

携帯でまかなっている部分はパソコンの使用を減らす、など使い方やプランを見直して、手取り月収の6%以内、もっと言えば4%以内にできるとよいと思います。

●他に意外と削れるのが現在子供にかけている費用です。
ミルクやおむつなどの消耗品にどんどんお金がかかる時期ですが、不必要におもちゃや服を買いすぎたりしていませんか?

どうしても必要なもの、買わなくても済んでしまうもの、をよく考えて買い物するようにしましょう。
関連コンテンツ

子育て家庭の家計の実態、貯蓄状況

子供が生まれたばかりで「子供のための貯蓄はまだ先」と思っている時に知り合いから保険の加入を勧められたとか、ママ友が子供保険に入ったなどという話を聞くとちょっと焦ってしまいますよね。 保険のセール・・・

家計管理の簡単で便利な仕分け方法

皆さんは家計簿をつけていますか?私も一時期つけていたことがありますが、使ったお金を記録していくだけで、それを家計の管理にうまく役立てることができませんでした。 そんな自分を正当化してしまうわけで・・・

家計における貯蓄のバランス

この不景気の中、家計を上手くやりくりするのが主婦の腕の見せ所です・・・とは言え、大不況時代の急激な収入減に頭を抱えている人も多いことと思います。 子供のために教育費の貯蓄だけは減らさずに何とかやって・・・