こども保険〜わかりやすい子供保険の比較と選び方〜のTOPに戻る


子供保険って何?

めでたく赤ちゃんが生まれたら、何はともあれ「子供保険に入っておかなくちゃ」と考えている人が多いようです。自分が入っている生命保険の担当者から子供向けの保険を勧められたり、別の用事でたまたま出かけた郵便局で学資保険などを勧められたりした人もいることと思います。

子育ての強い味方であるママ友からも「子供の保険、どうしてる?」なんて切り出されたら、とにかく保険に入っておかないと、と焦ってしまうかもしれませんね。

しかし「周りも皆入っているし、とりあえず子供保険に入っておこう」と加入を急ぐ前に、子供保険とはどういったものなのかを知っておく必要があります。

保険と名の付くものなので一般の生命保険や傷害保険を思い浮かべがちですが、子供保険の目的をずばり言うのであれば「子供の教育資金を貯めるため」の保険なのです。
子供が入学、進学などの節目を迎える時や、大学に入るときなどにお金がドーンと出るように設計されています。

またあくまでも「保険」なので、親にもしものことがあった場合の保障も付いています。

子供のためにと毎月コツコツ預金をするのもひとつの方法ですが、単に貯蓄をするのであれば親に何かあった時の保険となる機能がなく、逆に保険には一般的に貯蓄の機能がありません。

この両方の機能をほどほどに持ち合わせているのが子供保険と言えます。計画的に子供の教育資金を貯めながら、もし親に万が一のことがあった場合でも子供にかかる教育費用が残せる、という意味で子供保険は利便性が高い商品であると言えるでしょう。
関連コンテンツ

子供保険につける特約

いろいろな保険商品を見ていると、保障内容を充実させるための特約があれこれ用意されています。ベースになる保険を決めたら、自分に必要と思われる保障を特約としてプラスすることができますが、当然その分保険料も・・・

子供保険のメリット・デメリット

経済的な理由で子供の描く夢をあきらめさせてしまうのは、とても残念なことです。 そのため教育費用のあまりかからない赤ちゃん時代に、将来に向けて資金の貯蓄を始める人が多くなっています。 教育資金を・・・

子供保険の特徴

子供保険の目的は、ずばり子供の教育資金を貯めることにある、ということは前にお話しました。では、普通の貯蓄や生命保険とはどう違うのでしょうか。ここではその違いを子供保険の特徴として挙げてみたいと思います・・・