日本は現在、高齢化社会を迎えています。
2008年9月の推計では、65歳以上の高齢者の人口は2000万人を超え、総人口の22.1%を占めています。さらに少子化現象がこの高齢化に拍車をかけています。
2007年6月現在、推定世帯数4,803万世帯中、65歳以上の高齢者のいる世帯は1,926万世帯で、この中で573万世帯は夫婦のみの世帯です。
若い人のいる世帯が減少し、老介護をしなければならない世帯が増えているのです。

このために、2000年より介護保険制度がスタートしています。介護や福祉、医療に関する仕事に従事する人材が今まで以上に多く求められる時代に突入しているのです。
このような状況の中だからこそ、介護資格取得にも注目が集まり、中でも介護ヘルパーに注目が集まっています。

介護の仕事のための資格には様々な種類があります。
大きく分けると降雨集を受ければ資格が得られる制度と、国家資格として認定される資格があります。国家資格は、その資格を得るためには、国家試験や一定の経験が必要となってきます。
具体的に説明をしますと、
■ホームヘルパー(訪問介護員)のように誰でも規定の講習を修了すれば資格が得られるもの
■介護支援専門員(ケアマネージャー)のように一定の経験が必要な資格があります。
また、介護の資格には、国家資格、公的資格、民間資格、任用資格、認定資格などに分かれています。
国家資格は、厚生労働省が行う社会福祉士、介護福祉士など、法律に基づいて国が資格として認めている資格のことです。もちろん、国が認定している資格を有すれば、就職などに有利なことは間違いありません。

介護の勉強をすることは、単に仕事として行うだけでなく、家族や親に介護が必要となった時にも大いに役立ちます、
そして自分自身が、介護が必要となった時の知識を得ることにもつながります。
介護資格取得によって、介護の知識や技術を身につけることは、これから高齢化社会を生きていくうえで、決して無駄にはなりません。

このサイトでは、介護ヘルパーの仕事や内容を中心に、介護の仕事、資格取得について幅広く紹介しています。

今度さらに高くなる高齢化社会に対応できるようにヘルパーの仕事や介護資格取得についてお役立ていただければ幸いです。

-----


カテゴリー

介護資格
介護資格について紹介しています。
介護ヘルパー
介護ヘルパーについて紹介しています。
介護ヘルパーの基礎知識
介護ヘルパーの基礎知識について紹介しています。
介護ヘルパーの資格
介護ヘルパーの資格について詳細を紹介しています。
介護ヘルパーの資格と仕事
介護ヘルパーについての基本的な情報を紹介しています
ホームヘルパー
ホームヘルパーについて紹介しています。
ホームヘルパーとは
ホームヘルパーと介護ヘルパーの違いを中心にホームヘルパーについて紹介しています。
介護保険
介護保険の基礎的なことを紹介しています。
介護保険について
介護保険について紹介しています。
高齢者向け食事
介護が必要な高齢者向け食事について紹介しています。
高齢者向け食事について
高齢者向けの食事について紹介しています。
家庭で介護
怪異で介護をされる場合のいろいろな問題点や悩みを紹介しています。
老人ホーム
老人ホームの基本的なことについて紹介しています。
老人ホームについて
老人ホームについて解説しています。
排泄の介助
排泄の介助について紹介しています。