介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る
「介護の仕事と介護資格取得」トップ >  介護ヘルパーの資格 > 介護ヘルパー1級の資格と仕事

介護ヘルパー1級の資格と仕事

介護ヘルパー1級講座は、2級終了後に1年以上の実務経験をした後に受けられます。
いきなり1級を受験するということは不可能です。確実に経験を積んだ人しか受験できません。

自治体によっては実務経験のなしでも受講可能な地域もありますので、ぜひ調べてみましょう。

それでは1級ではどのようなことを学ぶのでしょうか?2級は比較的簡単に取得できますが、1級はそうはいきません。何しろ上に立つ人材を育成するためにも1級はあります。

1級介護ヘルパーは2級のヘルパー業務よりも、さらに深い知識や技術を学び、介護ヘルパーを取りまとめるヘルパーのリーダーを育てる勉強をしていきます。
講習は講義が84時間、実技講習が62時間、実習が84時間の計230時間です。
講座内容も介護技術の理解だけでなく、指導する方法についても学びます。

ケアマネジメントなどの、2級とは違った深くて密度の濃い授業となります。介護ヘルパー1級の講習を修了すると、サービス提供者の責任者として採用される場合が多くなってきます。

在宅介護などでサービスを提供するヘルパーとしてではなく、訪問介護などの計画を立てたり、利用者の意向の確認もしたりします。雇用形態も正社員や常勤となることが多く、もちろんその分給料も上がります。

まずは介護ヘルパーとして数年働いた後、スキルアップを目指して1級を取得すると良いですね。

実務経験を持ち、現場の状況もわかった上で指導する側に立つと、いろんな角度からものが見られるかと思います。
関連コンテンツ

介護ヘルパーになるために

介護ヘルパーになるためには、まず人のお世話が好きということが前提になります。 体の自由がきかない人のお手伝いをする仕事となります。 主に、お年寄りや体の不自由な人の家事援助や介護を行います。 ホ・・・

介護ヘルパーを目指す

介護ヘルパーになるためには専門学校に通って本格的に勉強するといったこともできます。 時間とお金に余裕のある人ならばぜひ専門学校で学ぶと良いでしょう。 みっちり2年間通うと、卒業後はある程度の知識と・・・

人気の介護資格 介護ヘルパー2級の資格と仕事

介護ヘルパーの資格の中でも、介護ヘルパー2級の資格は大変人気です。2級は比較的簡単に取得できます。その人気の理由のひとつに、3級取得では外で仕事ができず、かといって1級資格は経験も必要となってきます。・・・

介護ヘルパーの年齢層

現在、高齢化社会はますます進んでいます。 「おひとり様の老後」といった言葉もあるほど、高齢化社会の問題は様々です。 お年寄りの一人暮らしは寂しいと聞きます。気楽な面もあるでしょうが、いざ病気になっ・・・

介護ヘルパー2級

介護ヘルパーとして働くならば、やはり介護ヘルパー2級は取得しておきたいものです。 2級以上の講習内容は、講義を58時間受け、実技講習が42時間、施設での介護実習などが30時間の計130時間です。 ・・・

介護ヘルパーの階級について

介護ヘルパーの資格ですが、1級・2級・3級とあります。ではこれはどのような違いがあるのでしょうか?どの級を持っていればどんな仕事に就けるのか、福祉の仕事の初心者の方にはわかりにくいかもしれませんね。 ・・・

介護ヘルパーを目指す

介護ヘルパーになるためには専門学校に通って本格的に勉強するといったこともできます。 時間とお金に余裕のある人ならばぜひ専門学校で学ぶと良いでしょう。 みっちり2年間通うと、卒業後はある程度の知識と・・・

介護ヘルパーの分類

介護ヘルパーという職業名は一言で括られていますが、実際にはいくつかに分かれています。 訪問介護(ホームヘルパー)・特別養護老人ホームの寮母・デイサービス・グループホームなどで活躍している方もその仲間・・・