介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る
「介護の仕事と介護資格取得」トップ >  排泄の介助 > 排泄の介助の大事なポイント No.1

排泄の介助の大事なポイント No.1

介護をしていく上で最もデリケートな問題が、人にとって大切な排泄のお世話でしょう。誰しもできれば他人の世話になりたくないと思うのは自然なことです。できれば全て自分で管理したいでしょう。

その思いは健康な時と同様に、体が不自由になっても女性も男性もいつくになっても変わらないです。介護ヘルパーを頼んだ場合、家族ではなく全くの他人なのですから、その思いはよりいっそう強くなることでしょう。

そんな介護者の気持ちを、家族や介護ヘルパーは少しでも理解してあげましょう。
我々家族ができきること、介護ヘルパーができることは、まずトイレで排泄ができる環境を整えることです。

オムツにすれば楽ですが、交換するのに大変双方気を使います。介護者の気持ちを十分配慮してあげましょう。起き上がれる状況であれば、皆が協力してぜひ助けてあげましょう。

生活の場所、すなわち寝室をトイレの近くに移動させることや、トイレに手すりをつけることも考慮しましょう。できるだけ家族が協力して可能な範囲で工夫をし、和式トイレならば様式に変えることもおすすめです。

介護者がトイレに起きあがることが不可能な場合、オムツになります。
オムツの交換の際には、交換する人が必ず声掛けをしてから交換するようにしましょう。

ポータブルトイレを使用する場合は、介護ヘルパーなどは陰部をタオル等で隠す配慮も忘れずに。介護ヘルパーとして、嫌な顔をしたり無神経な言葉を投げることには十分注意しましょう。
関連コンテンツ

排泄の注意

介護ヘルパーの介護を要するお年寄りは、寝たきりになっている人も多いです。 一度転んで怪我をしてしまい、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃることでしょう。 病気を患っている方はやむを得ない・・・

排泄の介助の大事なポイント No.2

介護をしていく上で、最もデリケートな問題が「排泄の介助」なのだと思います。 誰しも自分で何とかしたいことと思うでしょう。たとえ寝たきりになってしまったお年寄りも、できれば人の助けを借りたくないと口に・・・

排泄介助をする際の注意事項について

介護ヘルパーの介護を要するお年寄りは、寝たきりになっている人も多いです。 一度転んで怪我をしてしまい、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃることでしょう。 病気を患っている方はやむを得ない・・・