介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る
「介護の仕事と介護資格取得」トップ >  排泄の介助 > 排泄介助をする際の注意事項について

排泄介助をする際の注意事項について

介護ヘルパーの介護を要するお年寄りは、寝たきりになっている人も多いです。
一度転んで怪我をしてしまい、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃることでしょう。
病気を患っている方はやむを得ないかと思いますが、気分の良い時はなるべく体を起こしてあげましょう。

排泄の際は横になった姿勢よりも座った方が容易かと思います。なるべく体を起こしていれば、床ずれの予防にもなります。
寝たきりの場合、床ずれといって腰骨や背中の骨が出っ張っている部分が血行不良を起こすことです。
床ずれが進行すると、その下の皮下脂肪や筋肉が死んでしまう恐れがあります。
こまめな体位の交換が必要です。介護ヘルパーの仕事にも、体位の交換は仕事の一つとなっています。
その他の寝たきりのトラブルには、拘縮といって動かさない身体の部分、手足などの関節が固まったり変形してしまう症状があります。

お年寄りは非常に抵抗力が落ちています。したがって感染症などのトラブルにも気をつけましょう。
からだを清潔に保ち、尿路感染症に気をつけるためにも、排泄の際には陰部を十分綺麗にすることが大切です。
オムツの場合は、濡れたら早目の交換を心がけ、排泄介護の場合は、介護ヘルパーが排泄介護の前と後に十分手指を洗いましょう。
尿路感染症は尿路で起こる細菌感染症であり、陰部を清潔に保つことで予防できる病気です。
オムツを使用しているとかかりやすいため、十分配慮し気をつけて介護しましょう。
関連コンテンツ

排泄の注意

介護ヘルパーの介護を要するお年寄りは、寝たきりになっている人も多いです。 一度転んで怪我をしてしまい、そのまま寝たきりになってしまう方もいらっしゃることでしょう。 病気を患っている方はやむを得ない・・・

排泄の介助の大事なポイント No.2

介護をしていく上で、最もデリケートな問題が「排泄の介助」なのだと思います。 誰しも自分で何とかしたいことと思うでしょう。たとえ寝たきりになってしまったお年寄りも、できれば人の助けを借りたくないと口に・・・

排泄の介助の大事なポイント No.1

介護をしていく上で最もデリケートな問題が、人にとって大切な排泄のお世話でしょう。誰しもできれば他人の世話になりたくないと思うのは自然なことです。できれば全て自分で管理したいでしょう。 その思いは・・・