介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る

介護福祉士の資格と魅力

さて、介護福祉士の魅力について考えてみましょう。介護ヘルパーよりも難易度は高いですが人気もあります。
介護ヘルパーとは違って、非常に難しいのが介護福祉士です。ですが、人気もあるのが介護福祉士なのです。
なぜならば、介護職で国家資格である唯一の資格なのです。国家資格ということは、それだけ社会的評価も高くなります。
常勤や正社員で雇用されることが大半であり、給与の面でも違いが出てきます。

社会的な立場も、また違ってくるでしょう。出世を望むのであれば、介護福祉士の資格は必要です。
他の資格とは違って、介護の職場において責任者として任されることにもなるでしょう。
介護ヘルパーの職場においては、サービス提供の責任者としてや、リーダーにもなることが多くなります。
気になるのが、介護福祉士の資格を持っていないと就けない仕事は、今のところありません。
となると、介護福祉士の資格さえあれば、福祉関係の仕事で困ることはないと言えます。
ですが、高齢化社会となっている近年は、求人広告でも介護福祉士の有資格者を募集している会社も見かけます。

介護ヘルパーとして介護に携わっていると、いつかは介護福祉士になりたいと考える時も来るかもしれません。
平成24年度の法改正前に、ぜひ介護福祉士の資格の検討を考えてみましょう。
国家資格制度が徐々に見直されつつあります。今よりもっと難しくなるかもしれません。
そうなる前に、ぜひレベルアップを目指して資格の取得のために頑張ってみましょう。
関連コンテンツ

ガイドヘルパーの資格と仕事内容

介護ヘルパーの仕事をしていると、その他にも様々な介護福祉の仕事があることを知ることでしょう 五体満足に生きてきた我々にしてみたら知らなかったヘルパーですが、ガイドヘルパーといった福祉の仕事もあります・・・

福祉専門学校で学ぶこと

それでは介護ヘルパーになるための専門学校では、具体的にどのような内容を勉強するのでしょうか。 まず基本的なことですが、基礎知識のフォローアップです。 わからないことを親切丁寧に教えてくれるのが、専・・・

介護のストレス軽減のために

介護ヘルパーとしての具体的な仕事内容ですが、はっきりとした区切りがないのも現状でしょうか。 自宅での介護となると、いろいろと制限も出てくるでしょうし、また馴れ合いにもなってしまったりもします。 ひ・・・