介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る
「介護の仕事と介護資格取得」トップ >  老人ホーム > 特別養護老人ホームとは

特別養護老人ホームとは

老人ホームと聞いた時、大抵の人は「有料老人ホーム」を頭に思い浮かべるでしょう。
綺麗で値段も高そうで、介護ヘルパーによるサービスも多く提供されて楽しそうだな・・・といったことを想像します。
実際に有料老人ホームはそういった感じです。

その他に、「特別養護老人ホーム」というのもあります。別名では「介護老人保健施設」と呼ばれているのです。自宅では介護できない65歳以上の介護者が入所します。
身体上や精神上に著しく障害があるなどして、家族がこれ以上介護できかねる場合に介護者が入る施設です。
しかし、特別養護老人ホームは、医師はいますが、医療行為はほとんど行いません。
そのため、病状の悪化しそうな人は、入所は難しいです。
入所できるのは、介護ヘルパーの介助を必要とする、比較的病状の安定した人が対象となっています。

この特別養護老人ホームの事業主体は、社会福祉法人か地方自治体です。
そして有料老人ホームに比べると、月額が非常に安いです。入所金も不要なため、大変人気となっております。
介護ヘルパーを自宅で頼むのと同じくらい安い施設もあります。
入所期間も特に決められておらず、大抵の人が終身入所を希望しています。
そんな理由から人気は高く、なかなか入ることが困難となっています。
今でこそ多少落ち着いていますが、介護保険施行後は申し込みが殺到しました。
しかしながら、落ち着いた今でも入所するまでに数年待ち、というのが現状のようです。
関連コンテンツ

老後にいきとどいたサービスの有料老人ホーム

誰しもやってくるのが「老後」の人生です。まだまだずっと先のことで想像もつかない方もいらっしゃるでしょう。 今から老後のために貯えをする・・・などとは考えにくいかもしれません。 ですが、必ず誰にでも・・・