介護の仕事と介護資格取得のTOPに戻る
「介護の仕事と介護資格取得」トップ >  家庭で介護 > 介護リフォーム、将来的にもバリアフリーの検討は必要!

介護リフォーム、将来的にもバリアフリーの検討は必要!

家族が安心して、元気に暮らせる家にするために、ぜひ介護リフォームを検討してみませんか?
今住んでいる家がバリアフリーでない場合、将来のためにも段差のないバリアフリーの家をお勧めします。
介護ヘルパーが出入りする場合も、介護リフォームをした、バリアフリーの造りですと安心して介護ができます。
ほんの少しの段差でも、安心だと思っていたら実はそこに危険が潜んでいます。

昔の家の造りですと、段差はそこかしこにあります。部屋ごとの仕切りにも段差はまずあります。
少しの段差でも、つまずいてしまうのです。
お年寄りや障害を持つ方にとっては、足腰に負担がかかっています。少しの段差でつまずくことも多いでしょう。
お年寄りだと、段差でつまずいて怪我をしてしまい、そのまま寝たきりになってしまいかねません。
そうならないためにも、ぜひバリアフリーの造りの家で、家庭内事故を防ぎましょう。
ちょっとした手すりも、お年寄りには助かります。介護ヘルパーが手助けしなくてもよい場面も出てくるでしょう。
お風呂場やトイレなど、階段も手すりがあると助かることでしょう。

介護ヘルパーの助けを最小限にしておくと、介護者の自立支援にも大変役立ちます。
自分の足で歩けるということは、好きな場所へ行けるということです。人の手を借りるということは、非常に気を使います。
介護リフォームといった宣伝を掲げたリフォームもたくさんあります。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。