昔から伝わる生活の知恵  おばあちゃんの知恵のTOPに戻る


上手な電気代の節約術

今、私たちは100年に一度ともいわれている世界大不況の真っ只中にいます。
この厳しい状況を乗り切るためにも、必要のないものを見直して出費を抑える努力が必要です。
日々の暮らしの中にある生活の知恵で節約を心掛ける努力を始めてみませんか?

ある試算結果では、家電の中で電気代のかかるもののナンバー3はエアコン、冷蔵庫、そして照明器具だそうです。
全体の消費電力の約60%をこの三つが占めているともいわれています。
消費電力の大きなものから節約していけば、全体の電気代も大きく節約出来るはずですね。

まずは、生活に不可欠な冷蔵庫の電気代節約から始めてみましょう。

冷蔵庫は、日常の使い方によって消費電力が随分と違ってきますが、設置場所などによっても電気代を節約する事は出来ます。

1.熱の放出を妨げないようにしましょう。
冷蔵庫は、庫内を冷却する時に出る熱を、上下左右に放出しています。
製品の取扱説明書にある設置場所の基準はきちんと守りましょう。
特に後(裏)に放熱板がありますので、後が壁と密着することにならない場所へ設置しましょう。
また、この放熱板はホコリを取るなどまめに掃除をすることで効率が上がり、消費電力の無駄を抑えます。
年に数回は冷蔵庫の裏のお掃除もしておきましょう。

2.温度の上がらない場所におきましょう。
冷却効率のためには少しでも涼しい場所に置きましょう。
直射日光の当たるような場所や、熱のこもりがちなガス台の近くは出来るだけ避けましょう。
関連コンテンツ

節約のための冷蔵庫ミニ知識

世界同時不況という厳しい現実に直面している私たちですが、なんとかこの状況を乗り切っていきたいですね。 生活を見直し、光熱費の節約に努めることも一つの方法です。 ちょっとしたことを心掛けることででき・・・

上手なガス代の節約術

お風呂の入り方を、少し気をつけるだけでも、ガス代の節約になります。 一つ一つは小さなことですが、お風呂にはいるのは毎日のことですので、家族全員で行うようにすれば1ヶ月で随分の額を節約できます。 ・・・

上手な水道代の節約術

蛇口をひねればすぐに出てくる水は、意識して節水を心掛けないと、ついつい無駄に使ってしまいます。 ハミガキや洗顔の時に出しっ放しにしないのは勿論ですが、その他にも心掛けることはあります。 ・蛇口・・・