昔から伝わる生活の知恵  おばあちゃんの知恵のTOPに戻る


上手な水道代の節約術

蛇口をひねればすぐに出てくる水は、意識して節水を心掛けないと、ついつい無駄に使ってしまいます。
ハミガキや洗顔の時に出しっ放しにしないのは勿論ですが、その他にも心掛けることはあります。

・蛇口は全開にしない
最近は、ひねって出すタイプの蛇口ではなく、シングルレバーの蛇口が多くなり、ついつい全開にしがちです。
蛇口を全開にして使うと、半開で使う時の水の量の倍になります。
食器を洗うときやシャワーなどのとき、勢いで、つい全開のまま使っていませんか?
必要量だけ出るように蛇口を閉めて使うよう心掛けましょう。

・食器はため洗いをしましょう
洗い桶に石鹸水をためてその中で食器を洗いましょう。
大きな食器から洗いはじめ、洗い終わった食器は、タワーをつくるように、大きなものから小さなものへと積み上げていきましょう。
洗い流す時にタワーの上から水が当たるように流していけば、下のほうにある食器にも水がいきわたり、少しの量の水で流し終えることが出来ます。
ただし、食器は大きいものから小さなものへ、そしてあまり無理に積み上げないようにしてください。
バランスを崩すと食器が割れてしまい大変です。

・お風呂の残り湯は再利用しましょう
お風呂の残り湯で洗濯をなさっているご家庭は多いかと思いますが、その他にも、お風呂の残り湯の再利用法はあります。
拭き掃除のとき、庭の花木への水遣り、夏場には打ち水に使うのも、再利用のための生活の知恵ですね。
ちょっと大変かもしれませんが、トイレまで運べるようなら、トイレを流すときにも使うようにしましょう。
関連コンテンツ

節約のための冷蔵庫ミニ知識

世界同時不況という厳しい現実に直面している私たちですが、なんとかこの状況を乗り切っていきたいですね。 生活を見直し、光熱費の節約に努めることも一つの方法です。 ちょっとしたことを心掛けることででき・・・

上手なガス代の節約術

お風呂の入り方を、少し気をつけるだけでも、ガス代の節約になります。 一つ一つは小さなことですが、お風呂にはいるのは毎日のことですので、家族全員で行うようにすれば1ヶ月で随分の額を節約できます。 ・・・

上手な電気代の節約術

今、私たちは100年に一度ともいわれている世界大不況の真っ只中にいます。 この厳しい状況を乗り切るためにも、必要のないものを見直して出費を抑える努力が必要です。 日々の暮らしの中にある生活の知恵で・・・