「生理(月経)」とは、女性のみに起きる現象です。では、どうやって生理が起きるのでしょうか?

生理とは、一定の周期で繰り返される子宮内膜からの出血のことです。卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌によって生理のリズムはできており、約4週間(25〜35日)毎の決まった周期で3〜7日間にわたって出血します。

生理が始まってから約14日後が排卵日と言われています。
女性の心身の状態は、女性ホルモンの影響により4つの時期を繰り返しています。

●「1週目(生理中)」
黄体ホルモンには、体温を上げる作用があります。
生理中にはこの黄体ホルモンの分泌がなくなるため、体温が下がって血行が悪くなり身体が冷えます。
●「2週目(生理後)」
卵胞ホルモンには、女性らしさを引き出す作用があります。
排卵を前にしてこの卵胞ホルモンの分泌が高まるため、肌や髪の毛にツヤが出て心身ともに充実してきます。
●「3週目(排卵後)」
排卵後は、黄体ホルモンの分泌が高まり子宮の内膜が充実してきます。
身体的に大きな不調はありませんが、下腹部にちょっとした違和感や不快感を覚えます。
●「4週目(生理前)」
黄体ホルモンによる影響がもっとも身体に現れます。
体温が上がり、肩こり、頭痛、便秘、むくみなど身体に不調が出てきます。

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛といっても、痛む場所、症状、程度は人によってさまざまです。痛みのために日常生活に支障が出るほどの生理痛を「月経困難症」といい、「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2つに分類されます。

・器質性月経困難症の原因には、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えられます。
・機能性月経困難症には特に原因となる病気がなく、思春期〜20歳代前半の女性に多いと言われています。


カテゴリー

生理のトラブル
生理痛、生理のトラブルについて紹介しています。
生理のしくみと生理痛の原因
生理のしくみと生理痛の原因全般について紹介しています。
月経困難症の症状と原因
月経困難症の症状と原因について紹介しています。
子宮内膜症の症状と原因
子宮内膜症の症状と原因について紹介しています。
子宮筋腫の症状と原因
子宮筋腫の症状と原因について紹介しています。
婦人科の受診と検査
婦人科の受診と検査について紹介しています。