生理痛、痛みの緩和法と生理痛の原因のTOPに戻る


月経困難症の症状と原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。

月経困難症にはさまざまな原因があり、さらに2種類に分けられます。

●「器質性月経困難症」は、月経困難症の中では比較的数が少ないと言われています。
器質性月経困難症の直接の原因は、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮に関係する病気です。

この場合、市販されている鎮痛剤で生理痛を抑えず、婦人科での診察や治療を行います。しかし、生理痛は人それぞれ個人差があるため、普段の生理痛と月経困難症の違いはわかりにくいかもしれません。

これまでとは違う我慢のできないくらいの強い痛みが毎月起きたり、生理痛がどんどん激しくなったりした場合には、子宮や卵巣に原因のある病気にかかっている可能性があります。

生理痛が普段と違うと感じたら、我慢をせずに婦人科を受診することをお勧めします。

月経困難症の多くは、「機能性月経困難症」だと言われています。
子宮の病気がないのにもかかわらず、日常生活に影響が出るほどのひどい生理痛が起きます。特に、10〜20歳代の女性に多いようです。

●機能性月経困難症の原因は、ホルモンに似た働きをする「プロスタグランジン」という物質です。プロスタグランジンは、生理時に子宮内膜で作られ生理の経血を身体の外に出すために子宮の収縮を促す役割を果たしています。

プロスタグランジンが大量に分泌されていると、子宮の収縮が大きくなり生理痛を引き起こします。

機能性月経困難症は対症療法で治療を行い、鎮痛剤やピルなどで症状を緩和します。
漢方薬などで体質改善をすると、根本的に治せると言われています。
関連コンテンツ

月経困難症の治療

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ば・・・

器質性月経困難症・機能性月経困難症の原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。 月経困難症は、・・・

月経前症候群と月経困難症

ほとんどの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思います。生理痛といっても、痛む場所、症状、程度は人によってさまざまです。生理痛の原因には、次のものが挙げられます。 生理前には、頭痛、乳房痛、胃・・・