生理痛、痛みの緩和法と生理痛の原因のTOPに戻る
「生理痛、痛みの緩和法と生理痛の原因」トップ >  月経困難症の症状と原因 > 器質性月経困難症・機能性月経困難症の原因


器質性月経困難症・機能性月経困難症の原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。

月経困難症は、原因によって「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2種類に分類されます。月経困難症の場合、婦人科で治療することで症状が軽減されます。

器質性月経困難症の原因となっているのは、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮の奇形などの子宮の病気です。原因となっている病気の治療を行うことで症状は良くなります。

生理痛は人それぞれ個人差があるため、普段の生理痛と月経困難症の違いはわかりにくいかもしれません。

これまでとは違う我慢のできないくらいの強い痛みが毎月起きたり、生理痛がどんどん激しくなったりした場合には、子宮や卵巣に原因のある病気にかかっている可能性があります。

生理痛が普段と違うと感じたら、我慢をせずに婦人科を受診することをお勧めします。

・機能性月経困難症の原因には、子宮の収縮が強い、子宮口が狭い、心理的なストレスが挙げられます。生理時にははがれた子宮内膜を体外に排出するために、子宮内膜から子宮を収縮する働きを持つプロスタグランジンという物質が分泌されます。

プロスタグランジンが必要以上に大量に分泌すると、子宮収縮が大きくなるので子宮の血流が悪くなり痛みを引き起こします。

また、出産経験のない10〜20歳代前半の若い女性は、出産経験がないために子宮と膣をつなぐ子宮頚管が細くて硬く子宮口も狭く、血液がスムーズに流れずに痛みが起こります。

心理的なストレスからくる生理痛は、「生理イコール生理痛」と思い込みから痛みを引き起こします。
関連コンテンツ

月経困難症の治療

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ば・・・

月経困難症の症状と原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ば・・・

月経前症候群と月経困難症

ほとんどの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思います。生理痛といっても、痛む場所、症状、程度は人によってさまざまです。生理痛の原因には、次のものが挙げられます。 生理前には、頭痛、乳房痛、胃・・・