生理痛、痛みの緩和法と生理痛の原因のTOPに戻る


月経困難症の治療

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。
月経困難症は、原因によって「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2種類に分類されます。

月経困難症の場合、婦人科で治療することで症状が軽減されます。

●器質性月経困難症の原因となっているのは、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮の病気です。原因となっている病気の治療を行うことで症状は良くなります。

●機能性月経困難症の原因となっているのは、「プロスタグランジン」という物質です。プロスタグランジンは、生理時に子宮内膜で作られ生理の経血を身体の外に出すために子宮の収縮を促す役割を果たしています。

プロスタグランジンが大量に分泌されていると、子宮の収縮が大きくなり生理痛を引き起こします。この場合、対症療法として鎮痛剤が処方されます。

プロスタグランジンは、生理が始まる前から少しずつ分泌し始めますので、生理の始まる1〜2日前から服用すると効果があるようです。症状が重い場合には、ピルを使うことがあります。

ただし、ピルは高血圧やタバコを吸う人には服用できませんので、事前に医師に申告しておきましょう。

婦人科での治療の他にも、生活習慣の改善にも心がけましょう。不規則な生活習慣では、ホルモンバランスも崩れやすくなります。ホルモンバランスが崩れると生理痛の症状もひどくなり、さらにストレスや疲れがたまって症状が悪化してしまいます。

規則正しい生活やバランスのとれた食生活に、普段から気を配るようにしましょう。

生理中は無理をせずに十分な睡眠をとって身体を休め、ストレスや疲れをためないようリラックスして過ごすようにするといいと思います。
関連コンテンツ

器質性月経困難症・機能性月経困難症の原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。 月経困難症は、・・・

月経困難症の症状と原因

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ば・・・

月経前症候群と月経困難症

ほとんどの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思います。生理痛といっても、痛む場所、症状、程度は人によってさまざまです。生理痛の原因には、次のものが挙げられます。 生理前には、頭痛、乳房痛、胃・・・