生理痛、痛みの緩和法と生理痛の原因のTOPに戻る


生理痛、婦人科での問診内容は?

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。
痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。
月経困難症は病院で治療することができます。
生理痛は人それぞれ個人差があるため、普段の生理痛と月経困難症の違いはわかりにくいかもしれません。
これまでとは違う我慢のできないくらいの強い痛みが毎月起きたり、生理痛がどんどん激しくなったりした場合には、子宮や卵巣に原因のある病気にかかっている可能性があります。
生理痛が普段と違うと感じたら、我慢をせずに婦人科を受診することをお勧めします。

婦人科を受診する場合は、緊急を要する時以外は生理中を避けます。
内診があるかもしれないので、着脱しやすい服装がいいでしょう。
婦人科を受診すると、まず問診があります。
問診の内容の中には答えるのに躊躇してしまうようなものもあるかもしれませんが、医師には守秘義務がありプライバシーは守られますので心配はありません。
生理痛の原因を調べるためには正確な回答が必要です。
婦人科で行われる問診の内容についてご紹介します。
婦人科を受診する前にきちんと答えられるようにしておけるといいと思います。

・一番最近の生理日
・生理の周期
・生理の周期は順調か
・初潮の年齢
・生理に伴った症状
・生理の期間
・生理痛の期間
・生理時以外の痛みの有無
・鎮痛剤などの服用の有無
・性交経験の有無
・妊娠の可能性の有無
・出産、流産、中絶の有無
・婦人科受診の有無
・過去の病歴
・貧血の有無
・服用中の薬の有無
・アレルギーの有無
・家族の病歴
関連コンテンツ

生理痛が強い方に、婦人科の受診のおすすめ

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれています。 月経困難症は病・・・

月経困難症の方に、婦人科の診察・検査のおすすめ

ほとんどの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思います。生理痛はいくつかに分類されますが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ば・・・