ウォーキング 健康で楽しく歩く!ウォーキング法のTOPに戻る

ウォーキング時の注意事項

ウォーキングを長くしている人であれば、いろいろなことがわかってくるでしょう。朝の時間帯にウォーキングをしているのであれば、人とすれ違ったら挨拶をするといったマナーも大事になってきます。

いままで顔も合わせたことがなかったような近所の人と挨拶をするといったことも、ウォーキングをきっかけとして始まるかも知れません。

ウォーキングでどのような歩き方をしようとも、気分がよくなるということが一番大事です。もちろん、運動ですから多少の疲れはあります。しかし、それは心地よい疲労のレベルであるべきです。

ぐったりして、次の日が起きられないというのであればやり方を見直した方がいいでしょう。長続きさせるためにも適度な運動量を心がけましょう。

ウォーキングをすることで具体的にどのような効果が出るのでしょう。精神的にはストレスの解消という面が大きいでしょう。肉体的にはどうでしょうか。

有酸素運動ですから、血液の循環がよくなるとか、心臓が強くなる、内臓機能が向上するといったさまざまなよい効果があらわれるようです。もちろん、肥満防止や美容といった面でも効果は期待できます。

有酸素運動という観点から見るのであれば、最低でも30分はウォーキングを継続することが望ましいでしょう。途中で休みながらでいいのです。

水分を補給しながら、無理せずに30分のウォーキングができるように心掛けます。最初は短い時間で、だんだんと延ばしていくことでもいいでしょう。自分のペースで無理なく行ってください。
関連コンテンツ

ライフスタイルに密着したウォーキングの楽しみ方

なかなか休みも取れないような仕事の人もいます。休日に改まってウォーキングというのも難しいでしょう。日常生活の中でのウォーキングを考えてみましょう。 会社の中でも万歩計を持っている人を時々みかける・・・

ウォーキングを長続きさせるための一工夫

ウォーキングは誰でも気軽に始められます。しかしウォーキングを長続きさせるためにはちょっとした工夫も必要です。ただ歩くということは日常でもやっているのですから、日常と違う意識づけということです。まずは意・・・

ウォーキングを継続する大切さ

ウォーキングそのものは単純な運動ですから、長続きさせるためにはそれなりの工夫が必要です。自分に合った形で工夫をしましょう。景色を眺めるとか、ある地点に行って休憩して、そこに楽しみを見つけると言ったこと・・・

ウォーキング時の正しい姿勢

人間にとって歩くということは生まれてからずっとやってきたことなのですが、正しい姿勢で歩いている人というのは意外と少ないらしいです。よくいう猫背だったり、右左に偏ったり、ガニ股などですね。 ウォー・・・

通勤ウォーキングは簡単に始められるウォーキング法

ウォーキングはしたいけれども、忙しくて出来ないとあきらめていませんか?ウォーキングというものは、公園などのウォーキングコースを歩くだけがウォーキングではありません。 忙しいサラリーマンでもできる・・・