やずや 健康維持にやずや健康食品通販ガイドのTOPに戻る

やずや「発芽十六雑穀」のこだわり

いつものご飯に混ぜて炊くだけで、手軽に栄養バランスをととのえられると評判の雑穀ご飯ですが、その特長はメーカーによっていろいろです。

やずやが販売している「発芽十六雑穀」は、その名前の通り、含まれている16種類の穀物の中で、12種類の穀物をにがり水に浸して発芽させています。発芽させることで、芽が出るときに高まると言われているギャバ(γ-アミノ酪酸)やうまみ成分であるアラニンが多くなり、また、雑穀特有のにおいやクセが発芽によって抑えられるため、味が格段によくなります。

そのほかにも、もちもちのふっくらとした仕上がりにするために、もち質の穀物を加えたり、ムラなく炊き上げるためにハト麦や大豆などの硬い穀物はひき割り加工して加えるなど、細かな工夫がなされています。

使われている穀物そのものの品質にもこだわりがあります。

国内産穀物であるということはいうまでもありません。主な生産地の岩手県花巻地方は、全国有数の雑穀産地でもあり、完全無農薬を目指しています。生産者は、畑を何度も耕すことで雑草の生えにくい土づくりをしたり、生えてしまった雑草は一本一本手で抜いたりという手間を惜しみません。

「発芽十六雑穀」の雑穀は岩手県産を中心に、信頼できる生産者の穀物が選ばれています。

炊き上がったときのもちもち・プチプチとした歯ごたえや食感、ほんのりとした甘みなどのおいしさはもちろんですが、その彩りについても工夫されています。

赤米、黒米や小豆、青はだ大豆といった穀物が、炊き上がったご飯に彩を添えてくれますので、一層食欲をそそります。

関連コンテンツ

やずやの「発芽十六雑穀 ふっくら一膳炊き」

最近、雑穀ご飯のよさが見直されてきています。いろいろな穀物を混ぜることで、それぞれが持ついろいろな栄養素が少しずつプラスされますので、白米だけの場合に比べて、栄養面でも優れたものになります。 や・・・

やずや「発芽十六雑穀」の購入方法

「発芽十六雑穀」には、25グラムの小袋が15袋入ったレギュラーサイズと、倍の30袋入ったお徳用サイズがあります。 1袋注文した場合は、レギュラーサイズは1890円(小袋1袋126円)、お徳用サイ・・・

やずやの「発芽十六雑穀」

最近、雑穀ご飯が人気のようです。雑穀ご飯とはお米に数種類の穀物を混ぜて炊いたものですが、一口に雑穀と言っても種類はいろいろあります。 アワやキビ、ヒエなどのイネ科の植物に加えて、大豆、小豆などの豆類・・・