やずや 健康維持にやずや健康食品通販ガイドのTOPに戻る

黒酢と香醋の違い

健康管理や体質改善のために黒酢を愛用している方が増えているそうです。あるサイトの調査結果ではやずやから発売されている「熟成やずやの香醋」が第2位に入っています。

人気の理由は、他の商品に比べてアミノ酸の含有量が多いことが挙げられます。

ところで、香醋も黒酢もどちらも褐色をしているお酢ですが、黒酢と香醋はどこが違うのでしょう。その違いについてまとめてみました。

・最初に挙げられるのは生産地の違いです。黒酢は主に日本で作られていますが、香醋は主に中国で作られています。
・次に挙げられるのは原料の違いです。どちらも米を原料としていますが、黒酢は主に玄米を、香醋はもち米を原料としています。この原料の違いから、酢として出来上がったときの風味なども変わってきます。

・また、発酵方法も異なります。黒酢は液体発酵で作られますが、香醋は固体発酵で作ります。固体発酵とは、原料を固体の状態のまま発酵させる方法で、発酵の途中で一度液体を抽出する液体発酵に比べ熟成期間が長くなります。

熟成期間が長くなると、うまみ成分のもとであるアミノ酸も増えていきます。黒酢と香醋の栄養素的な一番の違いは、このアミノ酸含有量だと言えます。香醋のなかでも熟成期間が長くなるほど貴重なお酢とされています。

「熟成やずやの香醋」は、昔からの伝統製法にこだわり、じっくりとねかせて熟成させていきます。それが、アミノ酸の含有量が特に高い香醋が出来上がる理由です。

関連コンテンツ

やずやの「美香醋」

健康維持のための酢のサプリメントが人気ですが、毎日の食事の中でも、調味料として酢をとり入れている方が増えています。やずやから販売されている「美香醋」は、サプリメントとして既に人気を得ている「熟成やずや・・・

熟成やずやの香醋 商品情報

香醋は、長期熟成させたお酢で、ほとんどが中国で作られています。香醋も黒酢もどちらも褐色をしているお酢ですが、一番の違いは、含まれているアミノ酸の量だといえます。 やずやが販売している「熟成やずや・・・