腰痛を改善しよう!

腰痛の治療は原因を明確にしてから、行うことが大切です。
原因によって温めるべきか、冷やすべきかなどの対応が違ってくるからです。

腰痛と聞くと、立ち仕事とか運動不足と言ったことが原因だと考えがちですが、それだけではありません。

原因を知ってから改善するようにしましょう。

あまり知られていない原因としては内臓疾患があります。
内臓の病気が原因で、神経を圧迫して腰痛となってしまうのです。
ただ、原因がはっきりしていれば、改善することは比較的容易と言えるでしょう。

もちろん、原因となる疾患によっては治療が難しい時もあります。
内臓疾患による腰痛は注意が必要です。

一般に腰痛を感じるようになると整形外科で診てもらうことになります。
しかし、内臓疾患であれば整形外科で原因を特定することはできません。

腰痛の原因を区分けするために、自分でできることがあります。
腰痛を感じている時に姿勢を変えて、症状がどうなるかです。

変化がなければ内臓疾患の可能性があります。
また、内臓疾患の場合は急な痛みではなく慢性的な痛みとなります。
腰痛の原因となる内臓疾患も幅広いため、特定は内科で検査してもらわなければなりません。

重症な病気もあります。
腎臓結石、癌、前立腺肥大症、胃潰瘍、胆管炎、消化器癌、子宮筋腫などはすぐにでも治療を始めなければなりません。

また、風邪やインフルエンザでも腰痛となります。
この場合は腰痛以外の自覚症状があるため、わかりやすいですね。

2020年5月16日 腰痛を改善しよう! はコメントを受け付けていません。 腰痛の悩み